「心のストレッチルーム」前田泰章です。

 

【無料メールレター】
副業OKな「会社員・パート主婦」向け
ゼロから始める「〇〇カウンセラー」
養成コーチング

第8回目になります。

 

さっそく話をはじめていきましょう。

 

カウンセラーになる準備として、

今から、どのようなスタイルの
カウンセラーになりたいのかを、
ある程度決めておくとよいでしょう。

 

カウンセラーの準備を進める中で、
変更になっても構いませんので、
今現在の方向性を決めておきます。

 

私がサポートできるのは、
個人で開業(主に副業)したいという方で、

 

メインにするものは、大きく分けると、
「対面、オンライン、電話」
になります。

 

組み合わせることもできますが、
どれを中心にするかで、
そのスタイルは決まってきます。

 

対面をメインにする場合、

・マンションを借りるのか?
・自宅を開放するのか?
・レンタルルームをその都度借りるのか?
・出張するのか?(喫茶店、ホテルラウンジ、クライエントの自宅など)

 

など、場所をどうするのかが、
一番の悩みどころだと思います。

 

オンラインや電話がメインなら、
自宅で活動できるので
場所の心配はありません。

 

なので、パターンとしては3つです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

(1)対面(ルームあり)

(2)対面(ルームなし)

(3)オンライン・電話(場所問わず)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

私の場合は、開業したのが10年以上前で、
今ほどオンライン化が進んでいなかったので、

対面(ルームあり)
から始めました。

 

当時は、メールカウンセリングも
おこなっていましたが、

メール作成に時間がかかりすぎるのと、

効果を実感してもらえる人が
少なかったため、
1年ほどでやめてしまいました。

 

今では、対面を中心に、
オンラインや電話でもおこなっています。

 

そこで気になるのは、

それぞれのパターンで開業するのに、
どのくらいの費用が必要なのか?

だと思います。

 

 

私(前田)の開業時と、
開業して1年間にかかった費用を
算出しましたので、
参考にしてみてくださいね。

 

また、
対面(ルームなし)
オンライン・電話(場所問わず)
のケースも算出しました。

 

◆対面(ルームあり、初年度)200万
・開業費用→80万
・1ヵ月の運転費用→10万(年間120万)

 

◆対面(ルームなし、初年度)61万
・開業費用→27万
・1ヵ月の運転費用→2.8万(年間34万)

 

◆オンライン、電話(初年度)40万
・開業費用→7万
・1ヵ月の運転費用→2.7万(年間33万)

 

詳細は以下をご覧ください。
http://www.kokoro-str.jp/article/15028773.html

 

つまり、

初年度にかかる開業費と、
1年分の運転費用があれば、

たとえ1年間クライエントの数が
ゼロだとしても、
耐えることができるということです。

 

================

対面(ルームあり)なら200万。

対面(ルームなし)なら61万。

オンライン、電話なら40万。

================
*開業費+1年分の運転費用

 

になります。

開業方法にも、さまざまありますね。

 

対面が中心で、
カウンセリングルームを借りるとなると、
開業費が80万ほどかかり、

家賃や水光熱などの固定費が
毎月10万ほどかかるので、
初年度は年間で200万になります。

 

つまり、月10万の売上があれば、
赤字にはなりません。
(開業費は入れない)

 

私の場合は、
毎月10万くらいだったら、
稼げるだろうという甘い考えで
開業してしまったので、
大変な思いをしました。

 

月の収入がゼロという月も
開業当初はあったので、
貯金が底を尽くかもしれないという、
恐怖との戦いでしたね。

 

精神的な苦痛も相当ありました。

 

ですので、
対面(ルームあり)は、
副業として始めるのは、
リスクが高くなります。

 

ですが、対面が中心でも、
ルームを借りなければ(自宅開放など)
リスクは抑えられます。

 

開業費が27万で、
初年度の合計費用は、61万です。

 

月の経費は2.8万ですから、
カウンセリング料が1件1万として、
3件おこなえば
経費分は回収できる計算です。

 

開業費を回収するのであれば、
月5件です。

 

 

さらにリスクをおさえられるのは、
オンラインや電話を中心で
おこなう場合です。

 

開業費7万、年間で40万。

 

開業費をかなり低く抑えられるのは、
今後余裕が持てますね。

 

開業費の7万というのは、
HPを作成する費用なので、
HPの費用だけで
開業ができるというわけです。

 

月3件おこなえば、
開業費も含めて回収できます。

 

また、
オンラインや電話でおこなえば、
全国から集客することも可能です。

 

新型コロナの影響で
オンライン化が進んだ現代であれば、
軌道に乗るのも早いかもしれませんね。

 

 

 

さて、今回の課題です。

 

===================

【第8回目の課題】

 

あなたはどんなスタイル
(対面、オンライン、電話など)
のカウンセラーとして開業したいですか?

 

今後変更しても構いませんので、
今現在の方向性を決めておきます。

 

理想と現実が一致していれば
問題ありませんが、
一致していないのであれば、
「理想は○○、でも現実は○○」
というように、
わけて書き出しておきましょう。

===================

 

 

次回(第9回目)は、

「カウンセラーになり、
どのくらいの収入が必要なのか」

について、お話をしたいと思います。

 

楽しみにしていてくださいね。