その4 「長期的な成功のためにはふさわしい人になるのが大切」 

 

 

セミリタイア専門コンサルタントの増田恭之です。

 

前回の「表面にみえている強みを捨てることで、自分の本質をみつめる」はいかがだったでしょうか?

もし良ければアンケートフォームから感想など送ってもらえると嬉しいです。

 

 

「経済的・精神的自由を手に入れるための5つの考え方」も4回目。

今回は「長期的な成功のためにはふさわしい人になるのが大切」について書いてみたいと思います。

 

 

突然ですが投資や事業で成功をおさめて億万長者になったとしたらあなたはどんな人になっていますか?

 

 

 

余裕が出て懐の深い人になっていますか?人間関係良好で魅力的な人になっていますか?悠々自適で自由な人になっていますか?

 

 

成功して経済的自由を手にしたあなたは、未来を自由に変える一つの手段を手にしました。

 

 

仕事をするもしないも自分で選べます。

住む場所も好きなように選べます。

やりたいことだけをして過ごすこともできます

 

 

成功したあなたはどんな未来を手にしているでしょうか?

 

 

ひょっとすると、成功を手にしたことで自分自身が大きく変わるように感じられることがあるかもしれません。しかし、あなたの「本質の部分」は大金を手にしただけですぐに変わるものではありません。

 

成功や大金はあなたの持つ良い面も悪い面も、そのどちらの性質をも加速させるエネルギーになります。

 

あなたはその成功のエネルギーに耐えられる「心の器」をもっていますか?

 

 

 

成功やお金の持つエネルギー

気をつけてもらいたいことが一つあります。

それは大きな成功や多額のお金というのは、それ自体に大きなエネルギーがあるということです。

 

そのエネルギーは自分を変えるエネルギーにもなりますが、同時に自分が持つ「負の部分」も拡大させてしまうエネルギーにもなります。

 

それは例えば

 

  • 他人を恨んでしまうこととか
  • 人より優れていることを証明したいとか
  • 自分の心の中にある不安とか

 

そのような今自分が抱えている「不安」や「悩み」は、成功すればすべてが消えて無くなるように感じているかもしれません。場合によってはその「不安」や「悩み」が、成功によって解消されることもあるでしょう。

 

 

しかし、逆に成功というエネルギーを得ることで、その「不安」や「悩み」が自分では押さえ切れないくらいに大きくなってしまうこともあるのです。

 

 

お金を管理できない人

一つの例として、お金を上手に管理できないAさんの例を考えてみましょう。

 

Aさんは月末の給料日前にはお金がなくなってしまい、カードのリボ払いやローンを使ってなんとかやりくりしているような状況でした。いつもお金がないことが頭の中にあって、「たくさんのお金さえあれば、こんなに苦労しなくても良いのにな」と考えて生活していました。

 

 

果たしてAさんに足りないのは、扱っているお金の量なのでしょうか?

 

 

もちろん、日々確実に出ていくお金(家賃や光熱費など)はある程度決まっているので、その金額を大きく上回るお金が入ってくれば生活は楽になるでしょう。宝くじにでも当たって、数億円を手にすることができれば、当面の生活に困ることはありません。

 

 

しかし、毎月のお給料を管理できないAさんが、宝くじの当選のように多額のお金を突然手に入れたとき、Aさんはその多額のお金をちゃんと管理することができるのでしょうか?

 

多額のお金は必ずしも人を幸せにはしない

 

宝くじで1億円当たった人の末路」とう本があります。

本の中には宝くじで1億円を当てた人が、その後どのような人生を歩んだか?について書かれています。しかし、この本に書かれている宝くじで多額のお金を手にした人の多くは、その後幸せになっていません。それどころか当たる前に歩んでいた人生さえもくるってしまい、破綻した人の例が多く書かれています。

 

 

 

人は突然大きなお金を手にしたときに、そのお金を扱えるだけの心の器を持っていなければ、遅かれ早かれ破綻してしまうことをこの本は示しています。

 

 

なので先ほどのAさんに必要なのは多額のお金ではなく、毎月の給料をちゃんと管理し、給料の中でしっかりと生活ができるようになる心のあり方なのかもしれません。

 

 

それは宝くじで1億円当たることに比べれば、とても地味なことのように思えます。

 

 

しかし、Aさんに必要なのはその今目の前にある課題に取り組む姿勢です。

そうやってお金の管理ができるようになっていくことで、その後例えば1億円が入っていくる状況になった時でも、冷静に対応できるだけの心の器が出来上がってくるのです。

 

私の例

ここで一つ、私の例をあげさせていただきます。

お金の話ではないのですが、ブログのPV(訪問者数)の話です。

 

 

以前私は、投資系のブログを書いていました。

長くは続けていたのですが自分のために書いていたのもあって、月に数回の更新で1,000PVあるかどうかのブログでした。

 

しかしある年、幸運にも「個人投資家パフォーマンスランキング」という個人投資家の投資成績を競うサイトで、半年以上1位を続けたことがありました。

当然そこからのアクセス流入があり、そのおかげで大いにPV数が増えることが起きました。そのページのPV数が数十倍、数百倍、それ以上のアクセスを集めるようになったのです。

 

それは、ブログを大きく飛躍させるチャンスでした。

 

しかし、私はそのPV数の多さに怖くなってしまい、全くブログを更新することができませんでした。

自分の能力を信じることができず、多くの読者を置き去りにし、指を加えて見ていることしかできなかったのです。

 

 

もし、私がしっかりと心の器を作り、自分の文章力をあげることに取り組んでいたとすれば、おそらくそのチャンスを掴むことができたでしょう。しかし私にはそれができませんでした。

 

そのときに痛感したのは「ちゃんと実力に基づいた成功でないと長続きしない」という現実でした。

 

もちろん、成功によって実力がつくこともあるでしょう。

しかし、それはその成功の力をしっかりと受け止め、自分の鼓舞することができる心の器を持って初めて実現できることなんだと思い知ったのでした。

 

長期的な成功を目指すならそれにふさわしい人になるのが一番

ここ最近の風潮なのかもしれませんが、成功を目指す法則などを書いた本やサイトでは、「いかに早く成功を手に入れるか? 」について書かれた本やサイトが多いように感じられます。

願えば叶うとか、頭に明確に思い描いたことは実現すると書かれることもあるでしょう。

 

しかし、実力や人格が伴わない成功は、ときに人を危うい方向に導きます。

 

その成功のエネルギーに耐えられるだけのふさわしい人になっていなければ、そのエネルギーに人生を大きく狂わされることにもなりかねません。

 

 

 

宝くじに当たった人の多くが遅から早かれ破綻してしまうように。

幸運で手に入れたPV数にビビって更新できなくなってしまった自分のように。

 

 

 

私たちが目指すべきは、短期的な成功ではなく長期的な成功にあるのではないでしょうか?

 

そのためには、しっかりと実力を備えて、人格的にも成熟した人になるように日々努力していくことが必要ではないかと思うのです。

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

「心をみがくコーチング」の無料オリエンテーションを行っています。

ご希望の方は以下のボタンをクリックして、アンケートにお答えください。3営業日以内に日程等調整の連絡をさせていただきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

または下記メールアドレスまでお問い合わせくだされば、オリエンテーションの案内をさせていただきます。

 

 

intake@gk-arahan.com

 

 

 

noteも随時更新中。

お金や心について書いています。ぜひお立ち寄りください。

 

noteリンク

 

 

 

 

 

 

twitterもやってます。

好きなメディアをお選びくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プロフィール

増田 恭之 増田 恭之

(ますだ やすゆき)

セミリタイア専門コンサルタント

「心をみがく」コーチ

 

 

 

資格

メンタルファウンデーションパートナーコーチ

国家資格キャリアコンサルタント

フリーランス&パラレルキャリア支援アドバイザー

薬剤師

           

 

経歴

薬科大学卒業後に大手製薬会社に入り生産・研究に従事する。会社合併に伴い20代で子会社に転籍(リストラされる)。自分を見つめ直して転職。地方に移り住む。退職金を元手に投資(株式、不動産、仮想通貨等)で成果を出す。2018年に念願だったリタイア生活を始める。しかし、自由の重み心が耐えきれずに精神に不調をきたして引きこもる。社会活動を再開し、自身の経験を活かして「セミリタイア専門コンサルタント」「心をみがくコーチ」として活動中。