「 うちの子、小学校大丈夫かな? 」

 

幼稚園でも癇癪やパニックが起こり、お友達とのトラブルで周りのママとの距離も縮まらない…

 

本当は優しい子なのに…
集団に入るろ問題行動が出てしまうお子さんを見ていると、
小学校生活大丈夫かな?と心配になりますよね。

 

また、不器用なところや理解が浅いところがあるお子さんに、先取り勉強させようと思っても、当の本人はやる気がなかったり、
癇癪を起こして暴れたり。

 

このようなことがあると、ママの不安や心配から、厳しく怒って自己嫌悪・・・
でも本当は、どうしたらいいかわからず、ママだって困っているんですよね。

 

わが子だけに効く対処法を知り
問題行動を改善しながら、子どもとママの自信と可能性を引き出していきませんか?

 

 

療育に通わなくても、子どもを伸ばす方法がある!

 

未就学の発達障害やグレーゾーンのお子さんのお持ちのママは、
「 入学して、周りについていけるかな? 」

「 園の時よりも、ますます周りとの差が開くんじゃないか? 」

「 お友達とのトラブル、まだ続いてしまうのかな… 」
そんな不安や心配があるかもしれません。

 

 

わたしも、そうでした。

 

 

息子が3歳で自閉症スペクトラムと診断されてから、
様々な悩みや不安、トラブルがありましたが
あの頃の一番のハードルは、“ 小学校入学 ” でした。

 

 

当時、発達支援センターで未就学児を担当し
指導員として勤務していた時も、
ママたちの最大の悩みは、就学でした。

 

 

特に、年中後期~年長さんの時期になると
「 療育の時間も◯◯してください 」と、
小学校を想定して、字の書き方や、椅子に座る練習、数のお勉強を希望するご家庭が多かったです。

 

 

先取りで練習や学習をしておけば、
子どもがみんなと同じように追い付いていけるんじゃないか?

 

 

そう考える気持ち、ありますよね。

 

 

でも実は、練習や学習は
子どもにあった方法じゃないとうまく行きません。

 

 

そして、さらに その方法は、

・できないことを何度も練習させる

・療育に通う

ことで習得するというものでもありません。

 

 

例えば、できないことを何度も練習させたり
「ちゃんとしなさい!」と怒っても、
子どもはできるようになりませんよね?

 

 

その最大の理由は、
子どもができる方法を教えていないからでなのす。

 

 

また、グレーゾーンのお子さんをお持ちのママは

グレーゾーンゆえに、支援がない…

と、考えがちではありませんか?

 

 

勇気をだして相談しても

「様子をみましょう」

・・・モヤモヤしてしまいますよね。

 

 

でも、子どもが様々なことを吸収して伸びるこの時期に、何もせずに見ているだけなんてできませんよね?

 

療育に通わ(通え)なくても自宅で子どもを伸ばす3つの方法!

 

 

その3つの方法とは・・・

 

1、わが子をじっくり観察する

2、わが子の特性を知る

3、わが子にあった対処法を実践する

 

とってもシンプルなことですが、
当たり前すぎて忘れてしまうことでもあるかもしれません。

 

でも、問題解決のヒントや特性は、すべて子どもの中にあるものです。

 

ここを飛ばして、学習や集団に適応させることを優先すると絶対にうまくいかないのです。

 

ひとつずつ、説明していきますね。

 

 

1、わが子をじっくり観察する

 

子どもを観察することは、見張ることとは違います。

 

発達障害がグレーゾーンのお子さんをお持ちだと、
ちゃんとできているかな?間違ったことしていないかな?と、
ついできてないことにフォーカスしてしまいませんか?

 

ここでいう観察とは、良い悪いとジャッジせずに、子どもを俯瞰してみるイメージです。

 

また、どんな言葉に反応するのか?しないのか?を丁寧にみていきます。

 

わたしたちって、自分が言われてうれしい言葉や自分が育てられた時と同じように、子どもに接していませんか?

 

でも、ママと子どもの間には、違いがたくさんあるんですよね。

 

言われたい言葉も違うし、学び方や頑張れるチカラも違います。

 

この違いを知らないと、

「どうしてできないの!?」

「ママの言っていることわかんない!」

と、お互いのズレがストレスになってしまうのです。

 

子どものできない原因が、

発達の遅れではなく、子どもに合った方法じゃないから

ということもよくあるんですよ。

 

 

2、わが子の特性を知る

 

1,観察を続けていくと、子どもの苦手が手に取るようにわかります。

 

わたしは、たくさんの子ども達を見てきたので、

 

  • ゲームや勝負で負けて怒ったり泣いたりする子どもは、間違うことにも耐性がない
  • あれ、そこ、あそこがわからない子どもは、何かを探すことも苦手
  • 何度声をかけても全く気付かないのに、小さな声で話していることは聞こえる

 

というような、子どもの特性に共通することが思いつきます。

 

でもこれは、観察しないと見えてこないものです。

 

逆にいうと、観察したからこそ見えてきたことで、子どもが抱えてる特性を知ることにつながったのです。

 

例えば、ゲームや勝負で負けたり、間違うことで癇癪を起こす子どもは、感情の理解がありません。

 

悲しい・悔しいといった感情の理解が乏しく、感じてはいけないと思っているので、そのような感情がやってくると自分でもどうしていいかわからなくなり、癇癪という行動に出てしまうのです。

 

3、わが子に合った対処法を実践する

 

発達障害について学んでも、なかなか結果がでないと感じませんか?

 

わたしは、ABAを学んだ時に、息子に向かってテンション高く褒めて、泣かせてしまった経験があります(汗)

 

本に書いてあったから、講座で講師がこう言っていたから・・・それを実践してもうまくいかないことの方が多いのではないでしょうか?

 

その一番の理由は、わが子にあった対処法ではないからです。

 

本に書いてあることや講座で学んだことが

間違っているのではなく、

知識や情報はわが子に合わせて微調整していく必要があるのです。

 

この微調整ができるかどうかで望む結果が変わってきますし、

これをするためには、やはり1,の観察が必要になってくるのです。

 

わたしは、自閉症スペクトラムと診断された息子に、この方法を試してきました。

最初からうまくいった訳ではありません。

 

それまで、ずっと怒って子育てしてきたので、これまでの自分を変えるということはカンタンにはいきません。

 

何度もくじけながら・・・でもあきらめきれずに

この3つをを実践した結果、

あれほど心配していた就学は息子とわたしにとって、いつの間にか低いハードルになっていました。

 

 

もちろん、特性が全て改善された訳ではありません。

 

小学校に入っても、何歳になっても、トラブルや悩みがでます。

 

でも、今では息子は自分のことをよく理解できるようになりましたし、パニックになった時に自分がしてほしい対処を担任の先生に言えるまでに成長しました。

 

 

今回リリースする、2~6歳までの発達障害グレーゾーンの就学支援

不安を希望に変える子育てサポートオンラインコースは、

 

1、子どもの観察 

2、子どもの特性を知る 

3、子どもに合った対処法を実践する 

 

この3つを、10か月間かけて 繰り返し学んでいきます。

 

繰返し学ぶことで、ママもゆっくりじっくり成長していけます。

 

(期間限定)オンラインコースを開講します!

 

このオンラインコースで学ぶこと

2~6歳までの発達障害・グレーゾーンの就学支援

不安を希望に変える子育てサポートオンラインコースは、

5つのテーマ(37レッスン)を、10か月間かけて学んでいきます。

 

ただ、講義を聞く(動画を視聴する)だけでなく、

レッスン毎にワークがついていますので、

毎回ワークに取り組みながら学んでいただけます。

 

現時点で予定しているテーマとレッスンは、次の様になっています。

※新たなテーマに変更する可能性もあります

 

「オンラインコース」で扱う予定のテーマ

※新たなテーマに変更する可能性もあります

  • ■テーマ1:基礎知識

    子どもをじっくり観察することで、わが子だけの基礎知識ができあがります。

    この基礎知識を(先生に)事前に伝えることで、子どもが集団の中で適応しやすくなります。

    (レッスン)

    ①観察

    ②子どもに効く!ほめ方・叱り方

    ③子どもに届く!声かけとは?

    ④自己肯定感とスモールステップ

    ⑤パニック回避の方法!安心につながる見通しとは?

    ⑥子どもが動く!視覚支援

    ⑦子どもが園のことを話してくれる!話の聞き方とは?

    ⑧振り返り

     

  • ■テーマ2:特性の理解と将来に必要なスキル

    わが子の特性を理解することで、子どもの癇癪やパニックを減らすことができます。

    また、子どもの生き辛さを軽減するスキルを獲得することで将来への不安が軽減します。

    (レッスン)

    ①刺激・過敏

    ②こだわり

    ③余暇の過ごし方

    ④教えてもらわないとわからない

    ⑤刺激にとびついてしまう

    ⑥切り替えができない

    ⑦感情理解とコントロール

    ⑧ルール理解

    ⑨ヘルプサイン

    ⑩学習につまずき

    ⑪振り返り

     

    ■テーマ3:発達障害・グレーゾーンに効く対処法

    わが子に合った問題行動の対処を学ぶことで、今まで解決しなかったことが解決できるようになります。

    問題行動がなくなることで、子どもは自信や安心を手に入れることができ、自己肯定感が高まります。

    (レッスン)

    ①注目とは?

    ②事前対処

    ③事後対処

    ④振り返り

     

    ■テーマ4:よくあるお悩み別 原因と対処法

  • 実際によくあるお悩みを考えることで、わが子への対応や自分の知識を増やすことができます。

    まだ起きていないお悩みの解決策を知ることで、心構えができたり、未来への不安が減ります。

  •  

    (レッスン)

    ①癇癪・パニック

    ②他害

    ③不器用

    ④偏食

    ⑤身辺自立

    ⑥環境の変化に弱い

    ⑦登園しぶり・拒否

    ⑧発語

    ⑨コミュニケーション

    ⑩振り返り

     

    ■テーマ5:Q&A

  • よくあるお悩みで解決方法の選択肢を増やします。

    選択肢が増えることで、これからトラブルや悩みが出来ても冷静に対処することができるようになります。

    自分の知識を誰かにシェアできるレベルになります。

  •  

    (レッスン)

    ①挨拶できない

    ②負ける・間違えると癇癪

    ③謝ることができない

    ④絵が描けない

    ⑤できるのにやらない

    ⑥みんなと一緒に遊べない

    ⑦性器を触る

    ⑧嘘をつく

     

    ■テーマ6:全体の振り返り

  • いままで頑張った10か月を一緒に振返っていきましょう!

     

 

動画セミナー、メールレター、コミュニティ・フォーラムを通して、各テーマ・レッスンを立体的に学んでいただけます

メールレターでは、動画セミナーで語りきれなかった重要ポイントを丁寧に解説したり、日常生活でお役に立つ情報をお伝えしていきます。

 

受講生のみなさんから寄せられた質問に対して、メールレターの中で回答することもあります。

 

また、メンバーサイトにはコミュニティ・フォーラムがあり、この掲示板を使って、受講生の皆さんは日々感じたことや考えたことをシェアし合ったり、自由にトピックを立てて他の受講生と情報交換やディスカッションをすることができます。

 

学ぶ中で生じた疑問点なども、ここで投げかけることができます。

 

 

受動的に講義を聞くだけの学びではなく、

ワークを実践したり、コミュニティ・フォーラムでアウトプットをすることで、

仲間と一緒に能動的に学び合うことができ、学びの定着率と継続率が高まります。

 

オンラインコースの最大の特長の一つは、いつでも、どこでも学べるということです。

 

あなたの好きな時間に、好きな場所で、しかも、ご自分のペースで学べます。

 

なお、メンバーサイトはスマホ対応になっていますので、パソコンはもちろん、スマートフォンやタブレットでも動画セミナーを視聴できますし、コミュニティ・フォーラムに参加できます。

 

オンラインコースでの学びのスタイル

 

動画セミナーを視聴できます。

動画セミナーの中で、浜田悦子は、「子どもの問題行動を改善するために必要な情報・知識」をお教えするとともに、それらの智恵が実践に結びつき、実生活での変化につながるよう、実践課題も提案します。

動画セミナーは(6月20日~)毎週土曜日朝7時に、新たに1本ずつ公開していきます。

10か月継続されると、37本すべてを視聴できます。
(各テーマ毎に振返りの回があります)

浜田悦子からメールレターが届きます。

メールレターを通して、動画セミナーで語り切れなかった重要ポイントを補足したり、受講生の実践をサポートする話や情報をお伝えします。

また、受講生から寄せられた質問の中で、代表的な質問に対しては、メールレターの中でお答えします。

コミュニティー・フォーラムに参加できます。

受講生は自由にトピックを立てて、学びや実践の過程で生じた疑問を他の受講生に投げかけたり、日々の生活の中で感じたことや気づいたことを備忘録のように気軽に書き込んだりできます。

他の受講生の書き込みから大きなヒントを得ることもありますし、他の受講生と情報交換・意見交換をすることで視野も広がります。

コミュニティ・フォーラムには、もちろん浜田悦子も参加します。

 

 

 

特別価格で受講していただけます

ここからは、受講料についてご説明します。

 

今回は、特別価格として 月々3,900円(税込)の受講料にしました。

 

これは、1日当たりに換算すると、130円の子どもと自分への未来の投資になります。

 

途中退会は、いつもで簡単にできます

まずは1か月目をお試しいただけます

 

なお、お支払いは自動クレジットカード決済でお済ませいただけます。

振込み手数料もかかりませんし、今すぐ手軽に決済していただけます。

 

また、お支払いは、月払いと1年分一括払いのどちらかを選んでいただくこともできます。

月払いの場合は、月々3,900円(税込)が、10か月間、毎月自動的に決済されます。

もちろん、途中で退会されたい場合は、いつも簡単に退会手続きをお取りいただけますし、それ以降は課金されることはありません。

 

一方、10か月継続されることをコミットされる場合は、10か月一括払いという方法もあります。

できれば、10カ月間の継続をコミットされたうえで学ばれることをおススメしたい気持ちもあり、10か月分を一括でお支払いいただく場合は、2か月分の受講料(7,800円)を割引することにしました。

 

つまり、8か月の受講料31,200(税込)

10か月間受講していただけますので、大変お得です。

 

以上、月払いと10か月一括払いの、2つのお支払い方法をご案内しましたが、いずれもクレジットカード決済となります。

 

なお、一旦お支払いいただいた受講料の返金は承っておりませんので、あらかじめご了承ください。

 

また、締め切り(6月19日 24:00まで)を過ぎますと、お申込みいただくことができませんので、そちらもご了承ください。

 

 

お申し込みは簡単!
シンプルな3ステップです

Step1. お申し込み&お支払いを完了してください。

Step2. お支払い終了後、すぐにパスワードを発行します。

Step3. 早速ログインして、受講のためのオリエンテーション動画をご視聴ください

 

 

 

 

よくあるご質問と回答(FAQ)

オンラインコースを受講すれば、子どもの問題行動はすぐに改善しますか?

結論から申し上げますと、すぐに、ということは難しいかもしれません。もちろん、すぐに効果がでる方もいらっしゃるかもしれませんが、まずはお子さんとの関わりから見直していく必要があります。そのため、まずはお子さん自身を観察するところから、じっくりゆっくりはじめていきます。対症療法ではなく、問題行動を根本から解決するために必要なステップだとご理解のうえ、ご検討ください。

フルタイムで働いていて、忙しい毎日を送っています。このような状態でも受講することができますか?

はい。ご自身の都合のよい時間に学べるようになっていますので、お仕事や家事・育児で忙しい方も学びやすいと思います。また、動画セミナーは10分程度にまとまっていますので、隙間時間にご視聴いただくことができます。また、次の動画配信までは1週間ほどお時間がありますので、配信直後に視聴できなくても、焦る必要はありません。

子どもが小学生でコースの年齢が対象外ですが、受講可能でしょうか?

はい。お子さんの年齢が2~6歳に当てはまらなくても受講できます。子どもの問題行動の根っこは一緒ですので、年齢が上がっていても関わりは同じです。年齢が上がるにつれて、問題行動が強く出てくることがありますので、ぜひ参考になさってください。

海外に住んでいるのですが、受講できますか?

はい。インターネット環境さえあれば、世界中のどこででも受講していただけます。

パソコンを持っていないのですが、受講できますか?

iPhoneやアンドロイドなどのスマートフォンか、iPadなどのタブレットをお持ちであれば受講できます。ただし、動画を見れない端末では受講できません。

受講した場合、私の名前はメンバーサイト内で公開されるのでしょうか?

公開はされません。メンバーサイト内で書き込みをされるときは、実名で書き込みをすることもできますが、ハンドルネーム(ニックネーム)で書き込みをすることもできます。ご自分の実名を知られたくない場合は、ハンドルネーム(ニックネーム)で書き込み等にご参加ください。

受講生になれば、浜田さんにメールで個人的に質問や相談をすることができますか?

恐れ入りますが、浜田悦子が個人的にご質問やご相談にお返事することはできません。ですが、メンバーサイト内に質問フォームを用意していますので、それを使って浜田悦子に何度でもご質問を送信していただくことができます。たくさんのご質問が届くことが予想されますが、その中でも多くの方に共通する「代表的な質問」に対しては、浜田悦子がメールレターを通してお答えします。また、学ばれる中で生じた疑問点は、メンバーサイト内でトピックを立て、他の受講生さんに投げかけることもできます。

私は議論が好きで、相手を論破するのが得意です。メンバーサイト内で、議論を戦わせる場はありますか?

メンバーサイトでは、お互いを尊重することを大切にしたいと考えています。つまりメンバーサイトを、それぞれの受講生さんのさまざまな考え方・感じ方を尊重する場にしたいのです。そして、メンバーサイトを、受講生の皆さんが安心して自分の考え方・感じ方を書き込める場にするべく、いくつかルールも設けております。たとえば、他の人の考え方・感じ方を批判するような書き込みは控えていただくルールとなっております。また、「このように考えるべきではないか」「それは間違っている」「正解はこうだ」といったかんじで正しさを主張する書き込みも控えていただくルールとなっております。ですので、メンバーサイト内で議論を戦わせ、相手を論破することは、できないと考えてください。ご自分とは違う考え方の人を尊重したうえで、ご自分の考え方を書き込んでいただけるとありがたいです。

パソコンの使い方がわからないのですが、教えてもらえますか?

恐れ入りますが、技術的なサポートはお受けしておりません。ご了承ください。

受講料の支払い方法を教えてください。

クレジットカード支払いによる月払い(3,900円、税込)と、10カ月分一括払い(31,200円、税込)があり、どちらかを選んでいただくことになります。月払いを選択された場合、毎月自動的に3,900円がクレジットカードに課金されますが、途中で退会された場合、その後は課金されません。10か月分一括払いの場合は、8ヵ月分の受講料(31,200円)で10か月間受講していただけますので、大変お得です。ただし、一旦お支払いいただいた受講料の返金は承っておりませんので、ご了承ください。

銀行振込みでも支払いできますか?

恐れ入りますが、銀行振込みでのお支払いは受付けておりません。ご了承ください。

クレジットカードは何が使えますか?

VISA、MasterCard(マスターカード)、JCB、AMEX(アメリカンエキスプレス)がご利用可能です。

最初に月払いを選択した場合、2ヵ月目に10か月分一括払いに切り替えることはできますか?

恐れ入りますが、最初に月払いを選択された場合、途中から一括払いに切り替えることはできません。ご了承ください。

動画セミナーはいつ公開されますか?

このオンラインコースは、6月20日(土)から公開がはじまります。その後は、1週間間隔で新しい動画セミナーが公開されます。動画セミナーは、メンバーサイト内で視聴できるようになっており、何度でも視聴できます。過去の動画セミナーも、メンバーサイト内でいつでも視聴できます。なお、途中退会された毎月1日に、その月の新しい動画セミナーが公開されます。動画セミナーは、メンバーサイト内で視聴できるようになっており、何度でも視聴できます。なお、途中退会された場合は、動画は視聴できなくなります。

メンバーサイトはいつまで使えますか?

メンバーサイトは、2021年5月31日の24時までお使いになれます。ただし、月払いを選択された方が途中で退会手続きをされた場合は、退会日からお使いになれません。

その他のご質問は、以下のフォームからお問い合わせください。

お問い合わせフォーム

 

子どももママも大丈夫と思えるために。

 

わが子は、年長の就学相談の時、

「条件付きの普通級」と判断された息子は、3年生の時には、

 

「(発達障害と)言われるまでわからなかった」

と、担任の先生に言われるまでに成長しました。

(書類には書いていましたが、見落としていたようです)

 

さらに、児童発達精神科の医師からは、

「この先、診断から外れる可能性が高い」

と言われるまでに成長しました。

 

診断を外すことを目標に子育てをした訳ではありませんが、結果として、子どもに合った対処法だったのだと実感しています。

 

診断がついていても、成長しない訳じゃありませんよね。

 

でも、診断がついていなくても、対処が間違っていたら、その子は成長できないのです。

 

子どもの未来は、“今”の積み重ねで変わっていきます。

 

お子さんと自分の未来を明るくしたい方のご参加、ぜひお待ちしていますね!

 

 

 

浜田悦子 プロフィール

おうち療育アドバイザー

・発達凸凹アカデミー 効果的な支援策 講座開発・講師

・一般社団法人 子どものこころのコーチング協会 インストラクター

 

発達支援センターで指導員経験を持つ、

11歳の発達障害の子どもを持つ現役ママ。

 

3歳で自閉症スペクトラムと診断されたむすこは、

小学3年生の時、主治医から

「あと2年ほどの間に、診断から外れる可能性が高い」

と言われるまでの成長しました。

 

この経験を活かし、

発達障害・グレーゾーンの子どもを持つママへ

講座や個別相談を行っています。

 

今まで相談にのった親子の数は2,000人以上。

 

主な活動:個別相談、子育て(発達障害)講座、講演会など。

 

メディア掲載:AREA、ひよこクラブなど